「結婚」「出産」だけが女の幸せか!?独身主義を頑なに貫くアラフォー侍の戯言です。モットーは「自分の人生は自分で決める!」

バスで起きた「アクシデント」!




てか、その日の朝「地下鉄」にて景福宮へ行こうと思ってました。



.




当日の朝、ふと「バスで行けないものなのか」と思い調べたら行けるやーーーーん






.




何書いてあるかさっぱりわかりませんでしたが、ここのバス停は色んな所に行ける経路で
自分がいるバス停さえ読めずにいたけど何とか解読して
大体の位置はわかっているのでそう時間も掛らず行ける「予定」ではいました。



そう、「予定」はあくまでも・・・「予定」。
で、「悪夢」の始まりでもあります




ウキウキで乗ったにも関わらず・・・いつまで経っても景福宮には着かず
「これはきっと遠回りしているだけでいつかは着く」って思いこんでおりました



バカなのか、自分よ





あたくし・・・どうやら・・・逆方向に乗っていた模様
終点に着いた時・・・ボー然
当然降ろされた訳で。





어떠캐(どうしよう)・・・





バス停でモジモジしていたら、運転手の人が話しかけてくれて。
多分「どこに行きたかったのか」って聞かれたかと。
「景福宮」って言ったら、あーだこーだと言われ手招きされて乗って来たバスにまた乗れた
しかも、Tマネーカードかざそうとしたら「いいから」みたいな感じでタダで乗せて貰えた
ありがとう、アジョシ
発車まで色々話しかけてくれるんだけど、ただただニコニコして頷く事しか出来ない自分





ここは、アジョシを信じて現地に行くしかねーべ
来た道を戻るような・・・そこは「観光バス」に乗ってると思って色んな街並みを見ていたんだけど。
ある時「ドンッ」と大きな音がした直後、運転手と乗ろうとしていた若い男性が目の前で喧嘩を
おっぱじめたのよ







えぇぇぇぇ・・・何、これ。




若い人がモノをぶつけたのか
そこは全然見てないからわからないけど、とにかく目の前で繰り広げられる韓国人の喧嘩に
ビックリしてる日本人




そしてそして・・・乗って来たバス停を過ぎ・・・この運転手の奥さんらしき人が途中で乗ってきて
何やら黒い袋を渡していたのね。
暫くしたら・・・マンドゥーらしき匂いが充満
運転手・・・運転しながら食ってるし
自由なのか、韓国のバス運転手は




大通りを走っていたら何やら事故(?)ったらしく途中で降ろされたってオチ
全然現地に着いてないですやん。
でも、何となく分かる位置だったので良かったけどね。
(鐘路3街あたり)
景福宮には遠いし・・・予定を変えるしかないなぁ。
でも、運転手の人にはホントに感謝しかないです
降りるときに、また何か沢山話してくれたんだけど(多分、乗り換えて現地まで行けって事だと思う)
ただただお礼しか言う事しか出来なかった




これも経験だよね。
ちゃんと翌日、反対側のバス停から景福宮には行けたわけだし。
最初にバスに乗ってから2時間近く掛ったけど楽しかったです




.......最後まで読んでくれてありがとう。最後にポチして帰ってちょ。.......





ブログランキング・にほんブログ村へ




Instagram






関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply